take-vapeのブログ

VAPEとのお付き合いを題材に、リキッド(ジュース)やなんやのレビューとか書きます。宜しくお願いしますm(__)m






AFK Studio Easy One EDA RDA

はい


今回は変わったRDAのご紹介です。


今回もご提供は



Buy Bestさんです。


こちらも、提供頂いてからかなり時間が経ってしまいましたが


早速見て参りましょう。

なかなか、カッコいい箱です❗

内容物が何か、記載してあります。
今回、黒を送って頂きました。

箱の側面もなかなか、カッコいい❗

開けると、簡単な説明書。

内容物はこれで全て。
アトマイザー本体とスペアコイル、Oリング。

Oリング類。

これが、ビルド済みのデッキ。
コイルがゴツい❗
スペアコイルにはシリコンのキャップがしてあります。

コイルデッキの裏側と側面。
突起がポジティブ。
エアフローはコイル下が僅かに見える位の位置。

コイルデッキの横にあるのが、コイルデッキを載せる
デッキベースです。
デッキとベースはスレッドになっているので、ねじ込みです。
ベースの裏側は510コンタクトになってます。

トップキャップを被せたエアフローと
少しボケてますが、510コンタクトです。
出しろはまぁまぁです。

810ドリップチップ(ウルテム)から覗いたコイル。



と、言うことで御覧いただきましたが、


まぁ、なんとも変わったRDAです。


作りおきのコイル(デッキ)があって


ごと、替えて使える❗


細かいコイルビルドや


コイルの取り付け作業が省けるなんて…


無精ものにはもってこい‼️


って、言葉が悪いですが(^^;


自分がRDAデビューするときに


この商品があったなら…


飛び付いてたかも知れません…


ただし、抵抗値が低い(0.15Ω)ので


取り扱いには注意しましょう。


特に、デッキをベースにキチンとねじ込まないと、
抵抗値が変動してとんでもない事になりますので、
細心の注意を払って下さい。


抵抗値が低いので、それなりの出力が
必要ですので、デュアルバッテリーの
MODが良いと思います。


見た目にタンクじゃなくRDAが欲しくて…
でも、ビルドに自信がない


そんな方にはピッタリのアトマイザーですね❗


造り自体は本格的なRDAアトマイザーですから、
このサイズも載せられるMODさえ持っていれば、
載っけて即爆煙スタート❗


手軽ですね~(^-^)


これで、ドライバーンやリウィックが
やり易ければ、長持ちも出来ていいんですけど…
コイルデッキに高い壁があり、コイルにウィックを通すのが
恐らく難儀すると思います。
まぁ、コイル自体そんなに高いモノでは無いみたいなので、
買い置きしておけば良いのでしょうが…
貧乏人の考える事です(笑)


コイルがクラプトンのリボンコイルなので
味はそれなりに出ます。


が、仕様を観て貰えばわかる通り


爆煙です❗


リキッドの消費も凄いです(笑)
ただし、リキッド保持量はソコソコあります❗


見た目は良いので、使えます❗


しばらく、使ってみましたが、


リキッドが無くなる直前に、
あ~、ソロソロ無くなるな❗と、わかる(味が変わる)ので
ドライヒットすることもなく、割りと使いやすかったです。
ただ、抵抗値を考えるとどうしても出力が最低50wをこえるので
結構、熱々のミストが出てきます。


自分はどちらかと言うと、余り温かくないミストの方が好みなので
40wソコソコで利用しました。
若干立ち上がりが遅いのですが…仕方ありません。


ここは、カーブモード付きのMODで初期通電時はガツンと高wで
炊いて、徐々に出力を抑える方向にもって行けば問題ないでしょう。


割りとスピットバックもなく快適でした。


という事で、チョッと変わったRDAのご紹介でした。


コチラは、Buy Bestさんの商品ページを貼っておきますので
気になった方はどうぞ❗










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。