take-vapeのブログ

VAPEとのお付き合いを題材に、リキッド(ジュース)やなんやのレビューとか書きます。宜しくお願いしますm(__)m






Joyetech CuBox Aio

はい、いよいよ


By Bestさんから届いた、スターターの


第3弾


CuBox AIOのご紹介です❗


ご提供は、By Bestさんです。



ありがとうございます‼️


第1弾でご紹介した、CuBoxの
オールインワンタイプですが…


これ、前回が前回だっただけに


イマイチ気分が乗りませんが


見ていきましょう❗


良いデザインですね。

本体です。
今回は黒を送って頂きました。

内容物はこれで全て。

小箱の中は、USBケーブル、予備コイル、シリコンパーツ。

紙モノ。
ワランティカード、アテンションカード、取説。

スターターシリーズ第1弾で紹介したCuBoxのMODと
比較してみた。
ほぼ、一緒❗

若干、パフボタンのサイズが違う。

バッテリーインジケータの液晶が若干違う。
ソレ以外は全く一緒。

ブランド名や商品名はわからないほど、然り気無く。

ドリップチップ兼用のトップキャップ。

当然、トップフィル。小さな○穴はエアの通路。

エアフローホール。
対角に2ヶ所。
調整も可能。

エアフロー部を回すと外れて、コイルが付いてきます。

構成部品はこれで全部。

リキッドタンク。底部はコンタクト。



以上、画像にてみて来ましたが


ここで、スペックのご紹介


Max output: 50W
Max charging current: 2A
Coil: 0.6ohm ProC-BF Coil
Size: 22.5mm(W) x 40.0mm(L) x 87.0mm(H)
Battery capacity: 2000mAh
Tank capacity: 2.0ML



バッテリーMOD自体は


CuBoxのそれとほぼ同じ物です。


バッテリーインジケータの液晶の
形状が違う位でほぼ、一緒❗


小型、操作性に優れたBOXMOD


今回送られて来たのは、


黒でとてもカッコいい。


AIO(オールインワン)だけに、


アトマイザー部分も部品点数少なく


単純明快❗


ただし…


このコイル…


先に紹介したCuBoxのソレと同じやつ❗


中心にバーティカルでコイルが巻いてあり


画像コイル上部に僅かに隙間が見えるが


ソコがエアの通路。


エアはこの隙間から底の方へ導かれ


底の手前でUターンするようにコイルの中を通って


ミストと合わせて上がってくる仕組み。


コイル底面には、コンタクトとコンタクト両脇に


ジュースホールがある。



アトマイザー部分のエアフローが今回の物は


対角に2ヶ所空いていて


エアフローリングで調整可能。


ソコが、先の商品と違うところ❗


これなら、焦げを防げるか❓


と、簡単な思いで


暫く使用してみましたが


ジュルジュル…


バチバチと音をたてて、襲いかかる


スピットバック


熱くて吸えたもんじゃない❗


そして、ジュルジュルを


熱さに耐えながら


吸っていると


いつの間にか、ドライヒット…


なんなんだ⁉️


このCuBoxシリーズ…


と言うか、このコイル❗


まともに使えないじゃないか…


コイルの違った、第2弾で紹介した
Aio ECOは普通につかえたのに…


前回もお話しした通り


デザインやサイズ感等
MODは良いのに…惜しい


これ、知らなきゃ買うかも知れないけど…


知っちゃうと、買えないよ~


と、言うことで


CuBox AIOのご紹介でした❗


気になるって方は


下にメーカーとBy Bestさんのリンク貼りますので


どうぞ❗




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。