take-vapeのブログ

VAPEとのお付き合いを題材に、リキッド(ジュース)やなんやのレビューとか書きます。宜しくお願いしますm(__)m






INNOKIN ARES MTL RTA

間が空きましたが


次の製品の紹介です。


今回はタイトルの通り


INNOKINの製品


ARES MTL RTAです。


INNOKINと言うブランドには


とても思い入れがあります


VAPEを始めて間もなく


X6に少し物足らなさを覚え・・・


アトマイザーに至ってもサブΩと言うワードをSNSで知り興味を持ち・・・


当時、買ったのが



ご存じ、COOL FIRE 4です。


この、REDが物凄く気に入りまして即買いしました。


そして、アトマイザーもこれ


i Sub G TANK


もう、時代の流れでコイルの抵抗値0.5Ωって大した事無いですが、当時としては・・・ねえ。


味も良かったし、手軽で爆煙


ホントお世話になりました。


そんな、思い入れのあるINNOKINさんの製品をまさか送って貰えるとは思いもよらず。


この製品もいつもの様に


HEAVEN GIFTSさんのご提供です。


ありがとうございます。


前置きが長くなりましたが、ARES見て行きましょう。



デザイナーの方々ですね。有名なお方達の様です。


その、お二方のサインなんかがありました。


コチラが本体。デザイン良いですね。


この製品、付属品が多いのです。

まずプリメイドのコイル、コットン、ワイヤーです。


スペアのガラス、カラーチェンジ用のOリング、形の違うドリップチップ。


そして見慣れない工具・・・と、イモねじ。


・左から
 コイルビルドツールです、スペースドを巻くのに特化してます。  
・真ん中
 キャップ付きのドライバー
・右
 コイルビルドツールです、2.5と3.0のジグです。


拘りのある製品ですね~。


説明書類です。


マシニングも綺麗です。


ドリップチップは510です。


ドリップチップを外したトップキャップです。
ミストの出口が若干狭くなってます。


トップフィル。
トップを矢印方向にスライドさせます。


トップキャップ


ガラスチューブ


チャンバー表も裏もなだらかにドーム状です。
特に内側には段付きもなく、ミストもスムーズに流れそう。


デッキです。レンコンの穴の様なモノがエアが入るところですね。


デッキのポールネジの頭が大きい。


エアフローホール全開

全閉

MTLで各エアホールを個別に開けれるエアホール
これが最大開口です。

そして、最少開口。


付属のキャップ付きプラスドライバー

スペースドコイルを作る為のツールです。
右巻き、左巻きどちらもいけます。

ジグです。


INNOKINベイプバンド


Minikin2に載せるとこんな感じです
流石に24mm迫力あります。
と、紹介はここまで


本題はこれから。
このアトマイザー届く前に
メレーグマさんの所から、サイレン2を購入してましたので、
条件を同じにして比べてみました。
コイルもリキッドも同じにして比較です‼️
まずはコイル
カンタル単線26Gをあえてマイクロコイルで
7巻き 
抵抗値 MOD読みでは若干誤差がありますが
およそ1Ω
コイルの高さもだいたい同じにしてます。




コイルのビルドですが、位置を決めやすいのはサイレン2ですね。
ARESは、コイルを留めるネジの先端が先細りになってるので、コイルの足が
逃げてしまいます。
コイルの高さを決めるのはどちらも変わらず。
ウィッキングもどちらも手間要らず。
リキッドチャージは、ARESが楽ちん。
だけど、このスライド式トップフィルは個人的に不安。
何だか、漏れそうなきがする。
サイレン2はグッと押し込んで回すロック式で安心出来る。
リキッドの入りはARESがよい‼️
サイレン2はチャンバーチムニーがガラスチューブと接近していて
リキッドが少しでも硬いと入り辛い感じ。
VGが低い、柔らかいリキッドなら問題は無いと思うんだけど
手持ちはVG80ばかりで、検証できてない。


どちらのMODも出力は12w
じんわりまったり吸ってみましょう。


どちらも最小エアホールとその次までの2つを開けてます。
これが、味に関しては甲乙付けがたい。
が、敢えて決めるなら個人的にはサイレン2
しかし、差は無く単なる個人的主観。


ミストの感じ、味の濃さ、使いやすさ…
サイレン2もARESも間違いなく美味い。


RDAで吸ってたリキッドだったけど、味がこんなに濃くなって
美味いとは思わなかった❗
それと、味の濃さでムセたのは初めての経験。
それに驚き、VAPEやり始めの新鮮な気持ちになりました。


これはお互いマイクロコイルでの結果
これをお互いのデッキに見合うビルドをしたらどうなるだろう?


今後、色々ためしてみるけど楽しみだ。


リキッドの供給に関してはARESが良いようだ。
サイレン2は先に述べた通りチャンバーチムニーとガラスチューブが
近いことでボトムで待機するウィックに上からリキッドが到達するのに
僅かだが時間が掛かる。
これも、リキッドが硬いせいもあるだろうが…


ドリップチップに関しては、付属で形状の違うモノがあるARES
そして、このクビレたドリチが咥えやすく、吸い心地がよい。
その他の付属品も、拘りが感じられるところがARESの良いところ。


どちらもRTAとしては文句なしの性能です。
味よし、MTLとしても申し分なし。
どちらを選んでも損は無いと思います。


今回、ご紹介したINNOKIN ARES メーカーホームページと
Heaven Giftsさんのページリンクを下に貼っておきます。


それではまた。






今回の記事、途中からパソコンが使えなくなり、チョッといつもと
違う感じになりました。
申し訳ありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。